冠婚葬祭の法事で知っておきたいこと

冠婚葬祭などの行事についてです。

冠婚葬祭などの行事では、必ず正装です。
たとえば、葬儀などは礼服です。
一着もっておくとよいです。
そして、夏場でも冬場でも着れるものを持っているとさらにいいです。
その上や中に着るものも、そろえて置きます。
冬場は外で並んだり寒いこともあります。
そして、黒のロングコートやショートコートです。
その場に合わせて着ていきます。
あと、黒の靴とバックです。
念珠とパールの真珠のネックレスとイヤリングです。
白のハンカチと黒のストッキングなどです。
わたしは、こうして一式そろえていたので、とても役に立ちました。
お祝い事では、ベージュのドレス風ワンピースと黒のドレス風ワンピースです。
そして、ストッキングいろんなラメのタイプをよういしてあります。
あとは、それに合わせて靴とバックです。

こうしてそろえておくと、いざというときにすごく役立ちます。
お祝い事などは、だいたい前もって分かっていることが多いですが、お葬式などは突然なので、本当に用意しておくといいです。
急だと、買いに行く時間もないときがあります。
わたしは、母の勧めである程度の年齢になったときに、いろいろとそろえておきました。
時間をかけて、いろいろといいものを選んだので、そのままお嫁に行くときももってきました。
結婚してすぐに主人の親戚に不幸がありました。
すぐに葬儀に行けたので、お母さんが感心していました。
やはり母のおかげです。
冠婚葬祭などは、しっかりとした場所です。
そういった行事には、人もみているので恥ずかしくないように心がけています。